司法書士法人リーガルリリーフ 評判
司法書士法人リーガルリリーフは、東京の渋谷に事務所を構える司法書士事務所です。

こちらの事務所では、弱者救済をモットーに債務整理を始めてとして、幅広い業務を行なっています。

ここでは、そんな司法書士法人リーガルリリーフの口コミや評判はどうなっているのか確認しながら、事務所の特徴について解説をしていきます。

司法書士法人リーガルリリーフの口コミでの評判は?

司法書士法人リーガルリリーフは、設立されてから間もないということで、そこまで口コミの数は多くありません。

ただ、そういった中でも、いくつかの口コミが見つかったのでご紹介していきます。

親切・丁寧に対応してくれた

司法書士法人リーガルリリーフに対しては、親切かつ丁寧に対応してくれたという口コミもいくつか見られました。

司法書士事務所リーガルリリーフ
丁寧に対応してくれる。

返済が出来なくなってしまった相談だったので、最初は戸惑いましたが、思い切って相談してみたら、事情を良く聞いてくれて解決のために親切に対応してくれました。

司法書士法人リーガルリリーフは、借金問題を何とかしたいと思っている方にとっては、強い味方になってもらえると思います。

しつこいという口コミも

その一方で、しつこいなど否定的な口コミもいくつか見られました。

無料診断しただけなのに、とにかくしつこい。

SNS利用時に出てきた広告の様な投稿に軽い気持ちでアクセスし、減額診断というようなものを利用した。すぐに着信があり折り返して担当の方と話をしたのだが、先方が淡々と話を進めて行く中で、私の方が理解が追いつかず戸惑っていたのですが、「上の空ですか?」というような追及があったり、早口で話されるので少し威圧感を感じつつも、「ご自身の事なので、私は別にどっちでも良いんですよ」といったような言い方をされて、凄く怖かったです。

当サイトでは、一般的には借金の減額診断は、無料でもあるので、気軽に相談をしたら良いとお勧めしています。

ただ、司法書士法人リーガルリリーフに関しては、借金問題を必ず解決するという方向性やある程度、決めた上で相談をした方が良いと思います。

極端な話になってしまうかもしれませんが、無料相談だけで終わらせようという気持ちであれば、最初から利用しない方が良いでしょう。

司法書士法人リーガルリリーフの無料減額診断


司法書士法人リーガルリリーフでは、無料の減額診断サービスを提供しています。

数個の質問に答えるだけで、借金の負担をどれだけ減らすことができるか簡単に調べることができるので便利です。

また、より具体的な相談をしたい方は、司法書士法人リーガルリリーフからいろいろアドバイスをもらうことも可能です。

実際、こういった減額診断サービスを使った場合は、債務整理での解決法を提案されます

債務整理には、以下のような種類があります。

  • 任意整理:司法書士が債権者に対して、任意の交渉を行ない、将来的な利息をカットして、残債を3~5年で分割返済するという形で和解を行なってくれます。
  • 個人再生:借金を約5分の1に減額することも可能です。その際、住宅ローンの返済は、債務整理の対象外にして、家は手放さず、そのまま返済を続けることもできます。
  • 自己破産:原則として、すべての借金を免責してもらえます。

先ほどもお伝えしたように、ある程度の事前知識がないと、司法書士法人リーガルリリーフから連絡が来た際、少し戸惑うことになってしまうかもしれません。

ただ、絶対、借金問題を解決するんだという強い気持ちがあれば、司法書士法人リーガルリリーフは、必ず強い味方になってくれるはずです

ですから、借金の返済や、債権者からの取り立てに困っている方は、是非、利用してみることをお勧めいたします。

>>司法書士法人リーガルリリーフの無料減額診断はこちら

司法書士法人リーガルリリーフの費用

借金問題について司法書士に相談している方にとって、気になるのは、やはり費用の問題ですよね。

そこで、司法書士法人リーガルリリーフの費用がどうなっているか、項目別に見ていきます。

任意整理の費用は安い!?

まず、任意整理の費用についてです。

着手金:20,000円~
内容により費用が異なります。
※ただし、残債務のない債権において過払い金返還額が30万未満の場合は免除。
減額報酬:減額した金額の10%
過払い返還報酬:返還された金額の 20%(任意の場合/訴訟の場合は25%)
送金管理費:1社につき月1,000円/回
通信費:5,000円

任意整理については、着手金が20,000円~ということになっています。

任意整理の場合、債権者の数によって、報酬費用が高くなっていくのですが、その点については言及がないので、分かりづらいところがあります。

ただ、任意整理の場合、弁護士よりも司法書士の方が一般的に費用が安くなっています

ですから、詳細の費用に関しては、無料相談の段階で確認されることをお勧めいたします。

また、減額報酬や過払い返還報酬に関しては、高くも安くもなく相場通りの金額です。

あと、送金管理費に関しては、任意整理後の返済の代行サービスに掛かる費用となります。

この部分からは、司法書士法人リーガルリリーフでは、任意整理の返済が終わるまで、しっかりサポートをしてくれることが分かります。

過払い金返還請求

もし、残債務がなく、過払い金の返還請求だけになった場合は以下の費用が適用されます。

過払い返還報酬:返還された金額の 20%(任意の場合/訴訟の場合は25%)
※ただし、残債務のない債権において過払い金返還額が30万未満の場合は免除。
通信費:5,000円

過払い金返還報酬の率は、相場通りの金額となっています。

ただ、過払い金返還額が30万未満の場合は免除となっている点は非常に良心的だと言えます。

過払い金がたとえ発生していたとしても、返還金が少ないと、逆に損をしてしまうのではないかと心配する方がいらっしゃるかもしれません。

しかし、その場合は、返還報酬が掛からないのであれば、気軽に相談ができるかと思います。

自己破産・個人再生での注意点

自己破産・個人再生に関しては、一見、分かりづらい表記となっています。

自己破産、個人再生の費用については別途ご相談ください。
司法書士の代理権の範囲は、1業者あたり140万円以下の案件に限られます。

司法書士法人リーガルリリーフは、司法書士事務所ですが、自己破産や個人再生を行なう場合は、少し注意する必要があります。

1業者あたりの借金の金額が140万円を超える場合、司法書士では、民事事件の相談・和解・代理ができないからです。

もちろん、その場合でも、裁判書類作成代行などの対応は行ってもらえるので、まったく何もできないというわけではありません。

その分、費用も安くなる可能性は高いです。

ただ、自己破産、個人再生では、業務の範囲で制限が生まれてしまうことは確かなので、その点に関しては、事前に認識をしておく必要があります。

その一方で、個人の借金問題に関しては、任意整理で解決できてしまうケースが大半を占めます

自己破産を覚悟していても、蓋を開けてみれば、任意整理で対応ができるという場合もあります。

ですから、まずは、無料の減額診断を受けてみるのはいかがでしょうか。

>>司法書士法人リーガルリリーフの無料減額診断はこちら

司法書士法人リーガルリリーフの基本情報

司法書士 菊田吉紘
東京司法書士会 第8234号
簡易訴訟代理認定番号 第312049号
事務所 東京都渋谷区東2丁目27-10
TBCビル3階
アクセス 各線「恵比寿駅」より徒歩8分
各線「渋谷駅」より徒歩10分
東急東横線「代官山駅」より徒歩8分

司法書士法人リーガルリリーフは、渋谷駅から徒歩圏内の場所にあるので、特に関東圏に住む方にとっては、行きやすくなっています

債務整理の手続きを依頼する際は、直接面談をすることが義務付けられているので、アクセスしやすいところに事務所があるという点では便利ですよね。

まとめ

司法書士法人リーガルリリーフの口コミや評判をチェックしてみると、親切、丁寧に対応してくれという好意的な意見がある一方で、しつこかったという口コミも見受けられました。

ですから、司法書士法人リーガルリリーフの減額診断を利用する際は、ある程度の予備知識と借金問題に対する自分なりの方向性を事前に考えておかれることをお勧めいたします。

また、司法書士法人リーガルリリーフは、司法書士事務所なので、自己破産や個人再生の手続きだと、対応できる業務の範囲に制限が掛かり、不便を感じてしまうかもしれません。

ただ、借金問題の大半は、任意整理で解決できている傾向があるので、一度、司法書士法人リーガルリリーフのサービスを利用してみるのはいかがでしょうか。