借金 20万 やばい

借金は20万円でもやばいのでしょうか。

借金が100万円を超えると、やばいと感じる方は多いですが、20万円ぐらいであれば、そういった人は、あまりいないかもしれません。

しかし、油断は大敵ですので、ここでは事例もご紹介しながらお伝えしていきます。

借金20万円はやばいと言えないケースは多い

借金20万円は、人によっては大きな金額に見えるかもしれません。

しかし、実際のところ、がんばれば何とかなる金額でもあります。

仮に消費者金融から18%の金利で20万円を借りていた場合、返済シミュレーションは以下のようになります。

月々の返済額 返済期間 完済までに支払う利息
5万円 5ヶ月 7842円
4万円 6ヶ月 9,504円
3万円 8ヶ月 12,311円
2万円 11ヶ月 18,320円
1万円 24ヶ月 39,554円

金利が18%でも、最終的に支払う利息は、数万円以内に収まります

ですから、こういった数値的なものを見れば、借金20万円は、決して、やばいとは言えないのです。

借金20万円の返済方法については、後述していきますが、節約や副業などを少しがんばるだけでも十分に対応できるケースがほとんどです

借金が20万円でもやばいケース

その一方で、条件によっては、借金が20万円でも、やばいと感じてしまう人もいますし、実際にやばいケースもあります。

収入が低すぎるか無職

借金が20万円でも、やばいケースとして、まず、収入が低すぎる、あるいは、無職である場合があります。

収入が低すぎて、毎月、返済に充てられるお金を作れないと、借金は、減るどころが増え続けることになってしまうからです。

例えば、月収が18万円ぐらいでも、20万円の借金で、やばいと感じて、人生に絶望している方もいらっしゃいます。

20万円近い借金したら人生終わりですか?知り合いの女性が20万円近い借金をしてしまいました。
本人の給料は正社員で月給18万円くらいです。
その給料を超えた借金をしてしまったそうです。
本人はもう結婚も出来ないと言っていました(彼氏はないようですが)
これは人生終わりですか?年内に返せそうですか?

もちろん、月給が18万円あれば、そこまで悲観する必要はないのですが、それでも当人にとっては、かなりプレッシャーを感じているのも事実です。

パチンコで借金20万円がやばい理由

借金が20万円でも、やばいと言えるもう一つのパターンは、パチンコなどのギャンブルで借金が20万円できてしまったケースです。

ギャンブルの性質上、ハマったり、依存症になってしまったりする人が多く、借金が20万円に膨らんだ人は、そのままズルズルと、50万、100万と増えていく可能性が高いからです。

そういった人たちにとって、20万円の借金は、借金地獄への入り口だと言えるでしょう。

また、こちらの方のように無職になってしまった上に、パチンコにハマってしまっているような方は、20万円の借金でも非常に厳しい状況だと言えるでしょう。

無職、借金20万について。
2ヶ月前に体調を崩し、仕事を辞めてから無職です。
最初は正社員を探すも見つからず、少しでも増えたらと思いパチンコしてました。
最初は勝ってましたので、イン
ターネットでショッピングしてました。
ところが最近全くダメで、こんな時にクレジットの請求が10月10日にきます。
約20万円です。。

こういう状況になってしまうと、借金20万円というのは、あくまでも通過点で、これから、どんどん増えてしまう可能性が高いと言えます。

ちなみに、借金はいくらからがやばいのかについては、こちらの記事で詳しく書いてあるので、ご参考にしてください。

>>借金はいくらからやばい?やばくなってきている5つのサインとは?

借金20万円ができた時にやるべきこと

では、借金が20万円に達してしまった時、具体的にどういった対処をしていけば良いのでしょうか。

これ以上の借金は増やさない

借金20万円というのは、借金がこれから一気に増えてしまうか、踏みとどまることができるかが決まってくる、一つの分岐点だとも言えます。

もし、パチンコなどのギャンブルにハマって、借金が一気に増えてしまった場合は、これからもさらに増えていく可能性が高くなるので、とにかく、ギャンブル絶ちを最優先する必要性があります。

お金には、流れがあるので、借金が増える流れができてしまっていると感じたら、まずは、その流れを変えるために力を注いでください。

節約をがんばってみる

借金が20万円ぐらいであれば、支出を見直して、節約を行うだけでも、やり方によっては、かなりの効果を出すことができるでしょう。

節約といっても、いろいろなやり方がありますが、20万円の借金を返済することを目的とするのであれば、

  • 格安SIMに切り替える
  • 家賃の安い家に引っ越しする
  • 保険を見直す
  • 1日の食事を1食減らす
  • 飲み会の回数を減らす

などの方法があります。

20万円を返済しようと思ったら、月に1万円以上、節約できるようになるだけでも、気持ち的にはかなり楽になるでしょう。

月に1万円節約するには、一日300円ちょっと節約する必要があります。

例えば、食事を3食から2食に変えると、それだけでも1日300円ぐらいは節約できます。

実際に、健康のために1日1食にしている人もいるぐらいなので、いろいろと調べてみると面白いですよ。

副業でプラスアルファの収入を

今の収入で返済が難しいのであれば、副業をして稼ぐという方法もあります。

借金が20万円ぐらいある方の中には、「一ヶ月の収入が、あと最低でも2万円増えれば・・・」と思う方も多いかと思います。

そういった方は、以下の記事を参考にしてください。

>>借金返済に向いている副業6選&向いていない副業3選!

20万円レベルの借金であれば、副業をがんばれば十分に手が届く範囲だと言えます。

繰り上げ返済の徹底を

借金が20万円だと、消費者金融から借りている方も多いはずです。

ただ、借金の金額が20万円であれば、金利は間違いなく、最大金利の18%になっているはずです。

金利が高いと、ずるずる返済していたら、利息の金額もジワジワと増えてしまいます。

ですから、余計な利息を支払わないためにも、繰り上げ返済は、どんどん進めていけるようがんばってください。

親や家族に立て替えてもらう

もし、金利が高くて、かつ、一気に返済するのが難しい場合は、全額、あるいは一部だけでも、親や家族に立て替えてもらえないか交渉してみても良いでしょう。

立て替えをしてもらえた場合、原則的に、利息を取られることはないので、その分、早く返済できる道も見えてきます

借金が多すぎると、親や家族の負担が大きくなって、信頼関係が崩れるリスクも発生してしまいます。

しかし、20万円ぐらいの借金であれば、何とか許容範囲だと思ってもらえるかもしれません。

もちろん、無理強いをしてはいけませんが、もし、可能であれば、非常に有効な方法だと言えます。

まとめ

借金20万円は、冷静に数字を分析してみると、普通に仕事をしている方にとっては、決してやばい金額ではありません。

ただ、収入が少なかったり、無職であったり、あるいは、何かギャンブルにハマっていたりして、借金が一気に増える通過点に過ぎない場合は、やばいので早急に対処する必要があります。

まずは、借金が出ていく流れをしっかり止めた上で、節約や副業に取り組み、一日でも早く完済できるようがんばってみてください。