借金150万円というのは余裕で返せるのでしょうか?借金が100万円を超えて、さらに50万円上乗せされるとやばいと感じる方も結構出てくるかもしれませんね。

実際のところ、150万円の借金の返済が余裕かどうかは、その人の年収や借金の金利などによって大きく左右されます。

そこで、ここでは、借金150万円の返済計画を見ていきながら、返済方法についても詳しく解説をしていきます。

この記事を書いた人

借金減額研究家 ケンジ

以前、法律事務所で仕事をしていた立場から、借金問題や債務整理に関する記事を1000記事以上書いてきたライターです。

借金150万円は余裕で返せる?

借金150万円を余裕で返せるかを判断するには以下の基準をチェックする必要があります。

総量規制から見た観点

借金がいくらまでなら返せるかについですが、逆にいくらまでなら融資が可能なのか決めている総量規制のルールを見ると大体の目安が見えてきます。

総量規制は消費者金融や信販会社からお金を借りる時に適用されるルールで、年収の三分の一を超える金額は借りることはできないと定められています。

ですから、150万円の借金をするには年収450万円以上が必要ということになるのです。

実際、銀行のカードローンなどは総量規制が適用されないので、450万円以上を借りることは可能です。ただ、総量規制は、日本貸金業協会が年収の三分の一を超える金額を借りると現実的に返済をするのが難しくなってくると統計上のデータなどから分析して判断した内容です

もちろん、金利によっても状況は変わってきますが、金利がそれなりに高いと、借り入れ先が消費者金融課か銀行は関係なく、年収が450万円を下回っている人であれば、150万円の借金を余裕で返すことはできない可能性が高くなってくるのです。

返済計画から見た観点

次に、返済計画を立てて、そこから余裕で返せるか検証していきます。金利と月々の返済金額に応じた返済計画は以下のようになります。

金利が8%での返済計画

月々の返済額 返済期間 利息の金額
10万円 16ヶ月 85,704円
8万円 21ヶ月 107,726円
5万円 34ヶ月 179,170円
3万円 62ヶ月 330,633円

金利が10%での返済計画

月々の返済額 返済期間 利息の金額
10万円 17ヶ月 109,068円
8万円 21ヶ月 137,889円
5万円 35ヶ月 233,301円
3万円 65ヶ月 448,426円

金利が12%での返済計画

月々の返済額 返済期間 利息の金額
10万円 17ヶ月 133,405円
8万円 21ヶ月 169,443円
5万円 36ヶ月 292,289円
3万円 70ヶ月 589,806円

金利が15%での返済計画

月々の返済額 返済期間 利息の金額
10万円 17ヶ月 171,592円
8万円 22ヶ月 219,977円
5万円 38ヶ月 391,756円
3万円 79ヶ月 868,611円

このように、金利が高くなって、返済期間まで長引くと、利息の金額が増え、150万円の返済が余裕だと言えなくなってくるでしょう。

月にどれくらい返済できるのか

あとは、あなたが月に何万円、返済できるかによって、基準がどれくらいの余裕を保てるかが決まってきます。先ほどの、金利ごとの返済計画を元に考えれば、以下のようなことが分かってきます。

  • 毎月10万円ずつ返済できれば金利に関わらず余裕で返せる
  • 毎月3万円ずつしか返済できないと返済期間は5~6年掛かってしまう
  • 金利が高く、毎月の返済金額が3万円程度だと利息の金額は90万円弱まで増えてしまう

つまり、150万円の借金を余裕で返済するには、少なくとも毎月、8万円~10万円以上は返済に回せるお金が必要になってくると言えるのです。

(あくまでも大体の目安です)

借金150万円は結婚にも影響が
ただ、中には、多少返済期間が延びても、毎月の返済額を減らして、余裕を持ってゆっくり返済していこうと考える人がいらっしゃるかもしれません。しかし、150万円の借金を返せないでいると、特に若い人は結婚できるタイミングを逃してしまう可能性があります

>>借金が150万円あると結婚相手はどう思うのか?

突然の出費にも対応できるか

ここで忘れてはならないのは、この返済計画は、150万円の借金に対して返済のみをひたすら行った場合のシミュレーションであるということです。

実際、毎月ギリギリの生活をしていると、

  • 突然、病気になった
  • 結婚式の誘いが続いてしまった
  • 子供の教育費がかさんでしまった
  • 電化製品が壊れてしまった

など、急な出費が発生した時、さらに借入れをせざるを得なくなるケースが出てきますよね。そうなってくると、余裕で返済するどころか、逆に借金が増えて、苦しくなってしまう可能性は高くなってしまうのです。

ちなみに、あなたは一年前と比べて、借金が増えているでしょうか、それとも減っているでしょうか?

もし、借金が減っているのであれば、基本的には、この調子でがんばって返済していけば良いかと思います。しかし、逆に借金が増えているのであれば、今の生活を何らかの形で変えていく必要があるのかもしれません。

借金150万円の返済方法

では、150万円の返済が余裕ではないと感じた時、具体的にどのような対策を行なっていけば良いのでしょうか。

余分な出費をカットする

借金が150万円まで増えてしまった方の中には余分な出費が毎月出てしまっている方は多いものです。ですから、支出の内訳を一度チェックして、そこでカットできるものがあれば、どんどんカットしていくことをお勧めいたします。

具体的には以下のような点をチェックしていくと良いでしょう。

  • パチンコなどのギャンブルでの出費
  • ほとんど使っていないサブスク
  • 家賃(収入に見合わない家に住んでいる場合は引っ越しも検討してみましょう)
  • スマホ代(通信費はバカにならないので格安スマホに切り替えることも検討してみてください)
  • 交際費(飲み会や外食などは、借金の完済の目途が立つまではしばらく我慢しましょう)

余分な出費をカットしようとすると、どうしても生活のレベルを下げざるを得ない時も出てきます。そのことに対して我慢できないと思ってしまう方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、そうやって従来の生活基準を維持してしまうと、150万円の借金は一向に減っていかないので、150万円の借金を減らすまでは、しっかり目的意識を持って取り組んでいくことが大切です。

収入を増やす取り組みを行う

支出を減らすこと以外にも、収入を増やすというやり方があります。先ほどの返済計画を見てもお分かりの通り、月々の返済額を2~3万円増やすだけでも、最終的に支払う利息は一気に減らせるので、150万円の借金の返済スピードは加速していきます。

もし、ご夫婦で夫か妻の一方だけしか働いていない場合は、共働きに切り替えることによって、一気に返済が楽になる場合もあります。もちろん、お子さんが小さくて奥さんが外で働けないという方もいらっしゃるでしょう。

ただ、最近は、ネットを使うことによって自宅でも稼げる方法はいくらでも見つけることができます。もちろん、それはご主人の副業にも言えることです。そういった仕事も含めて、借金返済に向いている副業は以下の記事で詳しく解説しているので、是非、ご参考にしてください。

>>借金返済に向いている副業6選&向いていない副業3選!

債務整理(任意整理)で解決をする

その一方で、既に出費もギリギリまで切り詰めていて、収入を増やす取り組みも精一杯行なっているので、もう、これ以上は難しいという方もいらっしゃるかと思います。そういった方は、債務整理の手続きを検討してみるのも良いでしょう。

債務整理には、任意整理、個人再生、自己破産などの手続きの種類があります。実際、自己破産や個人再生ですと、弁護士費用が数十万円近く掛かってしまうため、150万円の借金に対して行うことは効率的ではありません

しかし、任意整理であれば、費用も安く済ませることができますし、将来的な利息をカットできるので、特に、高い金利でお金を借りている方には非常に有効です。

また、利息をカットした上で、残債を3年~5年で分割返済するための和解を行なうのが任意整理での一般的なパターンですが、そのような形で和解が成立すれば、月々の返済額は、以下のように減らすことができます。

  • 返済期間が3年(36か月)の場合:41,666円
  • 返済期間が5年(60か月)の場合:25,000円

もちろん、返済期間が長くなっても利息は取れないので、数十万円以上の経済的なメリットを得られることも多いです。任意整理が得意な事務所に関しては以下の記事で紹介していますので、是非、一度、チェックしてみてください。

>>任意整理に強い法律事務所&相談所

まとめ

借金が150万円ある方の場合、人によっては余裕で返済ができるかもしれません。しかし、その一方で、

  • 年収が450万円未満である
  • 平均金利が10%を超えている
  • 月々の返済額が5万円未満ぐらいである
  • 借金が増え続けている

という条件を満たしてしまっている方は、余裕で返済するのが難しい状況になっているはずです。ですから、その場合は、もう一度、収入と支出の項目をチェックしつつ、返済計画をしっかり立て、また、どうしても返済が難しい場合は、早めに弁護士や司法書士に債務整理の相談をしてみることをお勧めいたします。