アコム 利息だけ
アコムへの返済がキツイ時ってありますよね。ただ、最低返済額を払えなければ、延滞扱いとなって、下手をしたらブラックリスト状態になるというシナリオが待っていると考えると、返済をしないわけにもいかず、さらに苦しい気持ちになってしまうものです。

しかし、そんな時、アコムに利息だけ返済をしても大丈夫という話があるのは、ご存じでしょうか。この方法であれば、最低返済額以下の金額しか準備ができなくても、何とか乗り切れる可能性が出てきますよね。

そこで、この記事では、アコムで利息だけの返済をする場合の手順と注意点について解説をしていきます。

この記事を書いた人

借金減額研究家 ケンジ

以前、法律事務所で仕事をしていた立場から、借金問題や債務整理に関する記事を1000記事以上書いてきたライターです。

アコムは利息だけの返済でも大丈夫!

アコムへの返済が本当にキツイ場合は、利息だけの返済で切り抜けることも可能です。

最低返済額以下でも大丈夫なの?

アコムからお金を借りると、返済期日を「35日ごと」か「毎月指定日」のどちらかを選んで、いずれかの期日までにアコムの規定で決まった最低返済額を支払う必要があります。最低返済額の確認方法に関しては、

  • マイページに記載されている次回の返済金額を確認
  • アコムのATMを利用した際に受け取る明細に記載されている次回返済額を確認

という2つのやり方があります。また、そこに記載される返済額の算出方法については、アコムのHPで確認することができますが、簡単にお伝えすると、

  • 最低返済額 = 借入金額(最後に借入をした時の借入残高) x 一定の割合(1.5%~4.2%) で算出されたもので1,000円未満の端数があれば切り上げ

という形で計算をします。ただ、厳密に言えば、最低返済額以下の金額しか支払わなかった場合でも、アコムに了承される場合があります。そこで出てくるのが、利息だけの返済です。

実際、アコムに利息だけ返済しても良いということはアコムのHPには記載されていません。ただ、Q&Aページを見ると、「今月はいつもの返済金額だとちょっと厳しいのですが・・・」という質問に対して、

一時的な返済金額の減額など、ご返済金額に関するご相談を電話で承っております。

という回答があります。つまり、最低返済額以下の金額しか払えない場合でも対応が可能ということをここで示しており、そこで、利息だけの返済について交渉をすることも可能だということを暗に示しているとも言えますね。

事前の連絡は必要?

では、アコムへ利息だけ返済したい場合、アコムへの事前の連絡は必要なのでしょうか? 実はこの点に関して、事前の連絡は必要ないという人もいます。ただ、いろいろな事情を考慮すると、当サイトでは、アコムに事前に連絡をすることをおすすめしています

一つ目の理由は、アコム側が、返済が厳しい時は、アコム総合カードローンデスクに連絡して相談をするよう案内しているからです。そして、その際の連絡先は、

  • 0120-629-215(受付時間:9:00~18:00)

となっています。実際、事前にアコムへ連絡をしておいた方が、手続きがスムーズになることは間違いないので、極力、事前連絡されることをおすすめいたします。

また、もし、アコムへの返済方法が口座からの引き落としであった場合は、勝手に指定の返済額の全額が引き落とされてしまうので、事前の連絡は必須だと言えます。

アコムの利息を計算してみよう

では、アコムへの利息だけ返済する場合、その金額はいくらになるのでしょうか。この点に関して、アコムのHPでは以下のように紹介されています。

  • 利息 = 借入残高 x 借入利率 ÷ 365日 x 利用日数

例えば、借入残高が100万円で、借入利率が15%、そして利用日数が30日であった場合、利息の金額は、12,329円になります。つまり、最低限、この金額を支払えば良いということになるわけです。

アコムに利息だけ返済するメリット

アコムに利息だけ返済をする場合の最大のメリットは、やはり信用情報機関に傷がつかないということです。通常、完全に延滞をしてしまうと、その期間が2ヶ月を過ぎた頃あたりに、延滞情報がアコムが加盟する信用情報機関に登録され、ブラックリスト状態になってしまいます。

ブラックリスト状態になると、新たな借り入れができなくなって、住宅ローンや車のローン、あるいはスマホの機種代の分割払いができなくなり、クレジットカードも使えなくなるリスクが発生してしまいます。利息だけの返済は、そのようなリスクを回避できるという点だけでも意味があると言えるでしょう。

また、利息だけの返済を行なえば、延滞扱いにならないので、督促の連絡が来ることもありません。アコムから借金をしていることを家族に内緒にしている方にとっては、電話や郵送物で借金のことがバレるのを防ぐという点では有効ですよね。
>>アコムで返済が遅れるとどうなる?起こることと対処法を徹底解説

アコムに利息だけ返済するのは危険!?

ただ、このアコムに利息だけ返済するというやり方は、別の意味でのリスクをもたらします。

アコムへの返済額が減らないという苦しみ

仮にアコムへ利息のみ返済することが了承をされた場合でも、元本に関しては1円も減額されません。元本が減らない限り、アコムへの返済額も減らないので、借金の負担はそのまま残り続けることになります。

また、利息だけの返済をした場合、その金額は全額、アコムの利益となるため、最終的なアコムへの返済金額と返済期間のいずれも増加してしまうことを意味します。結局、アコムへ利息だけ返済することは問題の先送りに過ぎず、借金の苦しみは継続してしまうことを意味するのです。

>>アコムの借金がなかなか減らない理由とその対処法

アコムは利息も高い

先ほど、アコムの利息の計算方法についてお伝えしましたが、計算をしてみると利息自体も高いことがお分かりいただけるかと思います。アコムの金利は最大で18%となっているので、アコムの返済額に占める利息の割合は意外に大きいです。

ですから、利息だけ払っても大丈夫だと言われて喜んでも、実際は、それほど支払い額が変わらないというケースも多いのです。

債務整理をした方が良い場合も

もし、アコムへの返済が本当に厳しい場合は、弁護士や司法書士を通じて債務整理を行ない、アコムの借金問題を根本的に解決するという方法もあります。債務整理には、任意整理、個人再生、自己破産などの種類がありますが、任意整理であれば、弁護士や司法書士がアコムと任意の交渉を行ない、

  • 将来的に掛かる利息をカットする
  • 残債を3年~5年で分割返済する

という形で和解を行うことができます。もし、借入先がアコムだけであれば、まだ自力返済を続けた方が良いかもしれません。ただ、アコム以外からもお金をいろいろ借りているのであれば、債務整理を検討するのも良いかと思います。

実際、あなたの借金の負担をどれだけ減らせるかは以下のサービスを使えば、簡単に診断をしてもらうことができます。

>>借金をどれだけ減らせるか調べてみる【所要時間1~2分】

まとめ

アコムへの返済が厳しい時は、利息だけの返済をすることによって切り抜けることも可能です。それによって、ブラックリスト状態になることを回避できますし、督促の連絡が来ないようにすることもできます。また、その際は、アコムに事前の連絡をすることをおすすめいたします。

しかし、その一方で、利息だけの返済は、問題の先送りに過ぎず、借金問題の本質的な解決には繋がりません。ですから、そのことをしっかり自覚した上で、どうすれば、より効率的にアコムの借金を完済していけるのか、じっくり検討してみることをおすすめいたします。